事務部門

●事務所の仕事

つばさ静岡の事務は常勤5名非常勤1名の6名で事務全般業務を行っています。

近年、在宅者向けの支援サービスの充実を図る取り組みを始めた事により施設の利用者数は増加傾向にあります。つばさ静岡と同じ建物内で行っている事業は大小含めると現在、6事業になりました。事業の拡充に比例し、事務の関連業務も一段と増えてきており毎日慌しく仕事に励んでいます。

福祉施設の事務員とは医療・看護・生活支援・リハビリ・調理等の専門スタッフの業務以外仕事をこなすのが施設の事務員の役割です。業務の上での「主役」は利用者を支援・看護するスタッフであり私達は言わば「脇役」です。机に腰を据えてジッ~とパソコンを見つめて仕事と思われがちですが、施設の環境整備や設備修繕、福祉車両の運転や管理、来客者や業者の対応、イベント企画のお手伝い等も幅広く机を離れた業務も行います。

また、施設の出入や電話対応という形でまず利用者・保護者・来客者と最初に接する重要な役目を担っている事を常に念頭に置き安心して施設を利用いただけるよう日々心掛け毎日の業務に励んでおります。

長期目標

  • 忙しい時こそ深呼吸、心に余裕を持って笑顔で業務。

(つばさ静岡の窓口である事務所で内外問わず心地よく思ってもらう事務所作り)

  • 連携を深めチーム力を高める。

(お互いに声掛けをし、スムーズな業務遂行を心掛ける)

今年度目標

  • 率先して心地良い挨拶を意識する。
  • 仕事の能率を高める為の環境整備。

(事務所・事務所奥のファイルの整理や保存場所等の改善)

求人情報
施設見学だけでも結構です。
お気軽にお問合わせ下さい。
小羊学園PV
アグネス静岡
小児慢性特定疾病児童等
法人機関誌 つのぶえ
静岡県募金会
静岡県募金会様のご支援を受けています。