あかね

 あかねは9名の入所者が生活しており、1名のショートステイの受け入れをしています。
今年度は新たなメンバーも加わり、生活支援員7名、看護師3名、パート2名で医療的ケアの必要な利用者も含め、日々の生活を支援しています。
今年度の施設目標では『意思決定支援』という言葉が掲げられています。利用者・職員ともに穏やかに過ごせる環境作りをあかねの目標として、ゾーンを取り巻く生活空間をより良くしていくための取り組みをしていきます。
利用者の意思を尊重するための細かな関わりを徹底し、意思が見え難い方に関しては、職員同士でカンファレンスを通じて議論し共有する場を設ける等、より具体的な意思決定についてのアプローチをゾーン全体で行っていくことが大切であると考えます。
今年度は御家族もお誘いして一泊外出の企画立案をしています。生活されている利用者だけでなく御家族の思いや意向にも耳を傾けながら、日々の生活を支援していきたいと思います。
あかね 主任 山本健介

三島のスカイウォーク1
三島のスカイウォーク2
EXPSA 富士川で観覧車
蓮華寺池公園
箱根の日帰り温泉
焼き芋企画
などなど、地域の方々を巻き込んでの企画や、新たな場所に出かける事で新たな人たちと出会い、新たな関わりがもつ中で、お互いを知り合える機会。を今後もつくっていけるといいな。

また、今年1年を通して『相手に伝える』ことを少し意識していけたらな。と思っています。

一言で『伝える』と言っても伝えっぱなしではなく、どういう伝え方をしたら伝わるのか。を考えながら伝えること。自分が伝えたいことがちゃんと伝わっているか(伝わったのか)。という所まで気にすること。

伝える力が簡単につくわけではありませんが、だからと言って伝える努力をしなければ色んなことが「まあいいか・・」になってしまうのかな。 勿論 聞く方も、相手が何を自分に伝えたいのか。を考えながら聴く努力をする(『聴く姿勢』を持つ)こと。

一方通行でなくお互いが相手をオモウ気持ちが持てるといいな。
求人情報
施設見学だけでも結構です。
お気軽にお問合わせ下さい。
小羊学園PV
アグネス静岡
小児慢性特定疾病児童等
法人機関誌 つのぶえ
静岡県募金会
静岡県募金会様のご支援を受けています。