いなほ

”いなほ”ってこんなところ

 

いなほゾーンは南棟西側にあり、2つのリビングに分かれています。
各リビングに5名ずつ、計10名の方たちとショートステイ1名を受け入れ生活しています。
自分で動く方も多く、いつも大きな笑い声が響き渡っています。
奥のリビングの窓からは中庭が見渡せ景色が良く、ふらりと散歩にも行けます。
手前リビング近くには花壇があり、親御さんにも協力して頂き、皆で花の種を植えたり、草取りをしたりして季節ごとに綺麗な花を咲かせています。また、リフト設備があり利用者さんも安心して移乗することができます。
ショートステイの方には、安心して安全な環境を提供できるよう配慮された居室をご用意しています。
廊下部分と奥リビングが吹き抜けになっており、開放感がある空間になっています。

 

奥リビングからの景色 手前リビング
リフト設備あり
安心、安全な
ショートステイ用居室
天井が高く開放感のあるリビング

 

こんなことやってます

 

日課は週に2回紙すきグループとフェルトグループに分かれて活動しています。
それぞれが頑張っている姿に刺激を受けて、やる気になる方も多く、みんなで楽しく活動を行っています。出来上がったものは、コースターやしおりを作りボランティアに来てくれた方にプレゼントしています。
他にも、週に1回個別活動行っています。体を動かしたり、ゲームをしたり、製作活動をしています。
1対1での関わりはゆったりと利用者の方のペースに合わせることが出来とても良い時間となっています。
紙すき、フェルト、個別活動共に、活動が終わったあと「あぁ、いい時間だったな」と感じてもらえる時間にしたいと思っています。
ここ数年は親御さんを先生に招き、紫陽花やお花を生ける活動を行っています。生花に触れ、制作したものはゾーンに飾り華やかな空間が出来上がります。お花がある生活は素敵だなと感じられます。
また、墨遊びも行い、各々に好きな道具で思いのままに書く姿は新たな一面を見せてくれます。

 

いなほ 秋の大交流会

 

『秋の大交流会』と題し、保護者の皆様と一緒に運動会を行いました。
利用者さんも保護者の方々と一緒に楽しい時間を過ごし、意気込んでいました。
大玉送りや玉入れなどアクティブなものだけでなく、昼食を一緒に摂ったり、日常の様子を振り返るスライドを見たりして利用者さん、保護者の皆様、職員との交流を有意義に送ることができました。

 

 

 仲間や地域の方々との交流の機会を大切にしています

 

施設内、外問わず様々な交流を企画してます。
施設内では他ゾーンとの合同企画を行っています。また、外出やイベント企画を通して様々な形で地域の方々との交流を深めています。

他ゾーンとの交流 大学の学園祭に参加

 

 

利用者も、職員もとても賑やかないなほに、皆さん是非遊びにきてください。

いなほ主任:片山史哉

求人情報
施設見学だけでも結構です。
お気軽にお問合わせ下さい。
小羊学園PV
アグネス静岡
小児慢性特定疾病児童等
法人機関誌 つのぶえ
静岡県募金会