のどか

 のどかゾーンは北棟中央にあり、現在9名の方たちが生活しています。電動車椅子で動く方やお喋りする方も多く、いつも賑やかな笑い声が響き渡っているゾーンです。
 今年度はコロナウイルス流行に伴いご家族の方との面会や外出など、色々と制限の多い中のスタートですが、できる限りマスクを着用し、散歩やドライブに出掛けています。また昔ながらの室内遊びのトランプやカルタ、だるまさんが転んだ等を行い楽しく過ごしています。

今年度のゾーン目標は、施設目標の中から【その方の物語を振り返る】をテーマにあげました。その方の今の思いや周りを取り巻く環境、つばさ静岡に入所して以降の様子などを職員で共有すると共に、ご家族からもその方の生い立ちや思いを聞かせて頂く時間を取れたらと思っています。

今年度は散歩やゾーン企画、個別活動などを取り入れています。個別活動は1対1で行える時間を大切にしています。個々の得意なものや好きな事、リラクゼーション等を行い、手を動かしてもらう事や身体を動かすこと、いつもと違う姿勢をとり視線を変えること等、その方に合わせて時間を過ごせるようにしていこうと思っています。

また、新たな試みとしてゾーンでフルーツシロップ作りにチャレンジしています。皆で作り、一日一回瓶を回してという作業を行っています。現在までに、りんごシロップとメロンシロップが出来上がりました。紅茶に混ぜて味わっています。今後は違うシロップも作ってみたいと思っているので、おすすめのフルーツやシロップの活用法などあれば教えてもらえたら嬉しいです。

 今年は“おうち時間”が合言葉になりそうですね。つばさ静岡内で楽しめることをみんなで考えて“おうちの達人”を目指します。ただ、ご家族との時間が少なくなってしまっているので、写真等で近況をお知らせ出来たらと思っています。このホームページにものどかの様子をたくさんupできるよう頑張ります。

のどか主任:野村

 

求人情報
施設見学だけでも結構です。
お気軽にお問合わせ下さい。
小羊学園PV
アグネス静岡
小児慢性特定疾病児童等
法人機関誌 つのぶえ
静岡県募金会